テレフォンレディで一番稼げる求人サイトは「ココ」!

テレフォンレディで失敗した例

失敗

テレフォンレディでは時には失敗することもありますから、気をつけてやってください。

 

気をつけてやっていても人間ですから失敗もしますけど、失敗して成長するものですから、失敗を恐れずに前向きに考えてお仕事をしましょう!

 

実際にあった失敗例

 

実際に間違ってやってしまった例がありますから、注意しましょう!特に最初のほうは初心者に多いので、これだけはやらないように心がけてください。

 

待機すれば稼げると勘違い

 

これはよく初心者さんに多いのですが、チャットレディは待機しているばかりでは稼げるものでもありません。ちゃんと積極的にアプローチをして、男性を呼びつけなければ電話がかかってこないものです。待っていれば電話が来ると思って、待機地獄とも呼ばれているくらいですから、待機ばかりしないでアプローチもちゃんとやりましょう!

 

お仕事をしていると言ってしまった

 

お客さんについついテレフォンレディでお仕事をしていると言ってしまった例もあるようです。相手側もわかっていますが、お客さんの夢を壊さないように会話をしましょう!せっかく電話かけてくれたのにこんな会話をしてしまうと相手は引きますから気をつけましょう!

 

ブラックリストに誤って追加

 

常連さんの名前を間違えてブラックリストに追加してしまって、もう2度とその常連さんと会えなくなってしまった例もあるそうです。その常連さんは可愛そうですね;そんなことが起こらないように一度操作を誤ってしまったら取り返しが付かないことは慎重に行いましょう!

 

一括メールで逆ブラックリストに

 

一括メール機能という便利なメール機能がテレフォンレディのサイトには存在します。この機能が便利だからといって多用するのは禁物!この機能を使ってたくさんの男性にメールをどんどん送信した結果。全く返事がなかったようです。

 

あるとき突然メールがやっと来たかと思ったら、男性からの苦情のメールで、「迷惑なメール送信しないで!」と怒られたようですから、一括メールするときは慎重におこないましょう!できればしないほうが身のためかもしれません。